D&AD Awards 2020
グラフィック部門ショートリストに
かみす防災アリーナが選ばれました!

——D&AD Awards 2020/グラフィック部門/Signage & Environmental Graphicsにて、かみす防災アリーナがショートリストに選ばれました!
このプロジェクトはグラフィックの見た目だけでなく、自分のデザインの考え方を世界一流のクリエイティブの方々に問うてみたかったので、ショートリストに選ばれたことは大変光栄です。信じられないぐらい嬉しいニュースでした。このプロジェクトを通して、世界のクリエイティブに関わる方々に自分の考える視覚言語を認めてもらえた気がします。

D&AD Awards 2020 / KAMISU BOUSAI ARENA
https://www.dandad.org/awards/professional/2020/
233019/kamisu-bousai-arena/?
fbclid=IwAR26qiP5YS3PLTL4A0nizhkxuLTcu9423

IsazDV0xhH5Z1nnWx96dH0p7Ns

——グラフィックや広告のデザインに関わる方はご存知の通り、D&ADは1963年イギリスのロンドンに本部を置く非営利団体D&AD (Design and Art Direction) が創設したデザインアワードです。審査の厳しさに定評があり、カンヌ、ONESHOWと並び世界最高峰のクリエイティブ賞のひとつといわれています。

——このアワードに参加するため、日本事務局を担当する親愛なる古屋言子さんからエントリーのためのアドバイスをたくさんいただきました。グラフィックデザインへ深い造詣と愛のある言子姉さん、最高にリスペクト&LOVEです!ありがとうございました。

——そして、このデザイン賞は単純にアウトプットへの評価だけでなく、デザインの社会的意義、プロジェクトの社会や人々への貢献度も同時に評価されます。そのために、エントリーのブリーフ作品概要は大変重要視されるということでした。今回はこのブリーフを、これまた親愛なる編集者であり藝大の映像研究生でもあるUnited Vagabonsのジョイス・ラムさんに翻訳をお願いしました。このプロジェクトは日本語の漢字のパーツを分解しピクセルグラフィックとして大きな抽象画を組み立てるというコンセプトだったので、翻訳は非常に難しかったとジョイスさんは語ってくれました。本当に素晴らしい翻訳でブリーフを仕上げていただき、ありがとうございました!ジャッジへ大きく貢献してくださったと思っています。

——今回、D&AD 2020の結果はショートリストにとどまりましたが、小さなデザイン事務所にとっては大きな一歩となりました。
グラフィックデザインはアウトプットの美しさ、ワンビジュアルでの直感的理解、クオリティの高さはもちろん必要ですが、より広く多様な人びとに届くために、人間の文化の土台に立った言語化できる設計もまたVisual Communicationにとって必要だと思います。
このブリーフは今後の自分のため、また同じように個人でデザインを探求し世界のクリエイティブコンペにトライしようとするデザイナーの方々への参考に少しでもなれればと思いましたので、D&AD日本事務局古屋言子さん、翻訳のジョイス・ラムさんの許可をいただき、ここに載せたいと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
D&AD 2020 Entry
Category: Graphic Design >
Signage & Environmental Graphics
ーーーーーーーーーーーーーーーーー

●Entry description:  作品について最大600文字以内で書いてください。 設定した課題の概要とそのコンテキスト、次にその克服方法、最終的に達成した結果を含めます。

KAMISU BOUSAI ARENAは、文化とスポーツの複合施設で災害時には防災施設にもなる。
サインデザインでの課題は、この地域を象徴し人々が共感できるストーリー性があり、施設のアイデンティティとなるグラフィックを演出することです。そこで海沿いにある市の豊かな自然を象徴するを記号的に盛り込み、広い海をモチーフとしたピクセル画を巨大なウォールに描きました。
ピクセルの最小単位には日本語の文字のひとつ漢字を使いました。漢字は表語文字なので、日本人はそのフォルムを見ただけでまるでEmojiのように直感的に意味がわかります。
人々がこの空間を最初に見た瞬間は、単なる色の抽象画だと思うでしょう。でも近くに寄ってピクセルにの意味を見出すとき、ふたたび遠目にした壁画には、朝日が昇り赤く光り輝く水平線と、青い海のように見えるでしょう。
KAMISU BOUSAI ARENA is a cultural/athletic/disaster prevention complex. The graphic system aims to embody the surrounding landscape – it uses the elements ‘light’ and ‘water’ to create a pixel drawing on the large wall. Each pixel is taken from a single Japanese kanji character. Kanjis are logographs – one can instinctively understand its meaning like an emoji.
At first glance, the wall looks like an abstract image, yet when one steps closer to recognise ‘light’ and ‘water’ in the pixels, the mural takes on a new meaning, becoming a horizon glowing red from the sunrise and waves of a blue sea.

●Brief: 作品概要は何でしたか? 課題と目的、および可能な場合は対象読者とその他の関連する背景情報を詳述してください。 最大400文字

約170mも続く広いコリドー空間の巨大な壁面に、この地域を象徴し人々が共感できるストーリー性があり、施設のアイデンティティとなるグラフィックを演出してほしいというのが依頼でした。そこでモチーフとして、海沿いにある街の豊かな自然—太平洋から昇る朝日と海、水平線—をオリジナルのピクセル画を使って表現しました。平常時も災害時も親しみを持ってリラックスできる空間デザインを目指しました。
To design a graphic identity on the large walls of a 170m long corridor that embodies the surrounding landscape and depicts a story that people can connect with. The rising sun from the Pacific Ocean and the abundant nature of a seaside town are expressed through an original pixel drawing. The aim was to design an approachable and relaxing space for everyday use and in times of disaster.

●Design solution: 創造的な解決策、その背後にある理由、それが課題をどのように解決したかを簡単に説明してください。 デザインのユニークかつ/または革新的な機能を強調してください。 最大400文字

ピクセル画は、最小単位8cmのという文字をアレンジしたピクトグラムで構成します。文字を構成する縦横斜めの線のセグメントに色を割り当て、太さを変えることで、ほとんど全ての色を再現できます。印刷の網点技術の応用、印象派の点描技法を参考にし、ピクセル自体が施設アイデンティティとなるデザインを考案しました。
このピクセル画のアイデアが出た後、自ずと他の全てのピクトグラムのデザインシステムが完成しました。
The mural is composed by an arrangement of pictograms formed from 8 cm sized kanji characters of ‘light’ and ‘water’. By assigning different colours to the vertical, horizontal and oblique segments while changing its thickness, any colour in the spectrum could be created by illusion. Referring to halftone printing and pointillism techniques, the pixels became the identity of the facility.
The design for other pictograms for the complex came naturally after the plan for the pixel drawing was fixed.

●Cultural Context: 文化的背景文化または国に固有であり、他の方法では理解できない参照を説明します。 最大400文字

日本語の文字のひとつ漢字は古代中国の象形文字(pictograph)から発生した表語文字(logograph)です。漢字の多くは、もののかたちをかたどっているので、そのフォルムを見ただけでまるで絵文字のように直感的に意味がわかります。サインデザインでは、この機能を有効に使いました。実際、ピクセルのという字のフォルムは中心から広がる放射線で構成されており、その形はきらめく光の瞬きのようにみえませんか?
Kanjis in Japanese are logographs derived from Ancient Chinese pictographs. As many kanjis are shaped from recognisable things and ideas, one can intuitively understand its meaning just by looking at its form. This function is used effectively in the signage. In fact, the form of the ‘light’ pixel is composed of an image of a light radiating from the centre.

——これからもよきご縁にめぐまれ、よきプロジェクトへ協力できるよう邁進していきたいと思っております。

写真: 田尾沙織
映像撮影:栁下隆之
映像提供:岩沢兄弟
音楽:Soloi Sounds